税理士(税理士としての業務に付随する範囲内であれね、社会保険労務士の業務の一部を行うこともできますし、行政書士登録をすることで行政書士業務を行うこともできるでしょう)試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)はとても難易度が高く、合格するまでに時間が掛かることが多いことで知られています。税理士(国家試験である税理士試験に合格すれね、すぐに税理士になれるというわけではありません。また、税理士試験に合格する以外にも税理士になる方法はあります)試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)の合格者の中には、独学で合格できたという人もいることはいるようです。但し、それは、ごく一部の特殊な人と思っております。元々の頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)がかなり良くて、しかも、試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)対策なんかも自分で出来てしまうような人でなければ、独学(効率よく勉強しないと、見当違いの勉強をしていても誰も注意してくれませんね)での合格は難しいのです。税理士(国家試験である税理士試験に合格すれね、すぐに税理士になれるというわけではありません。また、税理士試験に合格する以外にも税理士になる方法はあります)試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)は相対評価ですから、何点を取れば合格できると言う試験ではないのです。受験者の中の成績上位者にならなくてはいけないでしょう。さらに、税理士(税理士としての業務に付随する範囲内であれね、社会保険労務士の業務の一部を行うこともできますし、行政書士登録をすることで行政書士業務を行うこともできるでしょう)試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)の問題と言う物は、時間内に全部の問題に解答できるようには作られていないでしょう。どの問題に解答するのかを判断して、あるていどは捨てる覚悟が必要です。税理士(国家試験である税理士試験に合格すれね、すぐに税理士になれるというわけではありません。また、税理士試験に合格する以外にも税理士になる方法はあります)試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)に独学(通信教育や家庭教師、短期講習などを上手に利用した方が効率が良くなる場合もあります)で合格可能なかの診断基準として、始めのうちは、日商簿記(発祥はヨーロッパで、福澤諭吉がBookkeepingに簿記という字をあてたといわれています)1級に独学(通信教育や家庭教師、短期講習などを上手に利用した方が効率が良くなる場合もあります)で合格できるかどうか試してみてはいかがでしょうか。日商簿記(発祥はヨーロッパで、福澤諭吉がBookkeepingに簿記という字をあてたといわれています)1級も難易度が高いといわれる資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)の一つですが、当然、税理士試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)の比ではないのです。それに、税理士(他人に依頼され、税務代理、税務書類の作成、税務相談、財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行などを行うというのが、税理士法で定められた税理士の主な仕事内容です)試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)みたいに相対評価ではない為、一定の水準に達していれば合格できますよね。あるいは、独学(資格試験や大学受験などの場合には、予算の許す範囲で通信講座などを利用するのも効率的な勉強や情報収集のためにはいいでしょう)で合格した人の勉強法でまなんでみて、行き詰まりを感じた時は、独学(学校などの教育施設で先生や講師に教わるのではなく、一人で勉強をすることをいいます)での合格を諦めるといったのもいいかもしれません。独学(最も費用の掛からない方法ですが、強い意思が必要とされます)での勉強では、疑問を解消するのが難しく、試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)対策が充分に出来ないことが多いです。税理士(税理士としての業務に付随する範囲内であれね、社会保険労務士の業務の一部を行うこともできますし、行政書士登録をすることで行政書士業務を行うこともできるでしょう)試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)は独学(効率の良い勉強法を模索し、積極的に情報を集めるなどしなけれね、見当違いのことに時間を費やしてしまうことにもなりかねません)にはあまり向かない試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)である事は間違いないため、無理をせず早いうちに専門学校の講座を受講して下さいー